学習机には目に優しい照明選びを|LEDが人気

白いソファー

環境も守る

内観

水銀照明とダイオード照明の比較

LEDと水銀灯はどちらも長寿命や省エネ型を謳った照明器具であって一般的に普及している製品でありますが、水銀灯は少し前の時代にLED同様に先に紹介した様な効果を謳って普及している器具であります。これに対してLEDはさらに進化した形で先に紹介した様なポイント効果を謳って普及が進みつつある照明器具という違いが両者にはあります。この両者の謳うポイントは同じであってもその実力の違いは平均寿命や消費電力や消費CO2や使用水銀量という数値にあらわれています。いずれの比較点も少ない方が良いものであります。これが、水銀灯よりもLEDの方が小さいというデータがあるのです。この器具及び灯具や電球の数が多いほどその効果はランニングコストという形であらわれるものです。かつて、白熱電球だったものを水銀灯に取り換えた時にも同様の議論や検討が行われたことの結果が水銀灯照明に至った経緯であるものです。今度はさらに良い環境とラニングコストとのLEDへのステップをご検討ください。この段階を踏むことは後世への贈り物でもあるのです。

水銀灯からLEDへの移行

前節におきまして水銀灯からLEDへのステップアップは次世代への贈り物と記しましたこの贈り物には3つの意味があるのです。エネルギー消費の節約による資源の節約そして同時にCO2排出量の低下といった環境負荷の低減です。これによって、また、水銀使用量の減量化により次世代がきれいな地球環境を得られることはもちろんですが、これが企業での使用の場合ですと対外的な企業イメージの向上にもつなげることも可能と考えられます。企業価値の向上はCSRの一環とも言えるものであって株主に対する責任とも言えることでもあります。かつて、見られた企業の様な高収益だが高環境負荷や公害対策忌避といったものでは商品や企業に対するイメージも悪化してこの先企業戦略にマイナスとなる事は間違いないものです。